スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

⑧交付金でリスクを肩代わり 

サンデル
「福島の場合では、
電気を利用する人達が住む場所、東京ではなくそこから離れた場所福島に置かれた。
そして原発の立地の見返りとして交付金や補助金が払われていた

原発で作られた電気は利用したいが身近な場所に置きたくないコミュニティーが、
お金を払うことで他のコミュニティーに原発を受け入れてもらう。
リスクをお金で肩代わりしてもらうことは、公正だと言えるのだろうか?
別の言い方をすれば、豊かな地域が、お金を必要としている地域に原子力発電のアウトソース
外部に肩代わりしてもらうことは許されるのか?
お金と引き換えにリスクを肩代わりしてもらう、
原発を他の場所に受け入れてもらうことに倫理的な問題はあるのだろうか
?」

上海 ホアン
「貧しい地域に経済的な理由だけで原発を押し付けるというのは不公平だと思います。
原発をどこに置くべきか考えられる解決策はいくつかあると思います。
政府が人口の少ない適した地域を選んでそこに原発を建てるという方法です。」

サンデル
「では、ある地域が補助金や経済的な見返りを期待して、自ら原発の受け入れを望んだ場合はどうだろうか?」

東京 ミオ
「私は、不公平だと思います。貧しい町がそこに原発が建てられることに賛成だとしても、
それは本当に自分達の自由な意思に基づいているのかというと私は基づいていないと思います。
原発を受け入れざる負えないような状況に置かれているから受け入れるのであってそれは自由な意思に基づいていないので公平ではない。」

サンデル
「これが、二つの国の場合はどうだろうか?
豊かな国、貧しい国の場合だったらどうだろう?
お金のある国が廃棄物の処理に困っていたとしよう。
それは核廃棄物かもしれないし、他の廃棄物かもしれない。
そこにお金を貰えれば、その廃棄物を受け入れてもよいと名乗りでた貧しい国があったとする
その取引には何か問題があるのだろうか? 
それとも貿易とはそういうものなのだろうか?」

東京 ミオ
「そもそも二つの国での約束が始まる時点での経済的な状況は不平等なものだと思うので
自由なトレードにはなっていないと思います。
貧しい国が、自由な意思でそれを受け入れているとはいえないと思います。」

東京 コウセイ
「すべて効率性重視のために物事が進んでしまっていて、
道徳的によかったのかどうかの観点から見る必要があると思います。」

上海 ルー
「私が気になるのは、貧しい国が受け入れるかどうかだけではなく、誰がそれを決めるのかということです。
それは政府なのか、人民なのか企業なのか?そこにも問題があると思います。」

ボストン リチャード
「これが不平等だという議論もよくわかりますが、ビジネスだと思います。
二つの国がグローバルな貿易をする場合、いつだって何かしらの格差があると思います。
二つの国がまったく同じ境遇ということはないと思います。
いつだって有利、不利があると思います。
でも、貧しい国にも断る権利があるのです。
そのビジネスを選ばないという選択があるのです。」

ボストン ベン
「確かにビジネスだと思いますが、ひどいですね。
ビジネスだからといって正当化されるものではないと思います。」

東京 ユウタロウ
「すべての経済活動で似ていることが起こっていて、
すべてのもを見たときにその生産過程でどこかしらで有害なものが出ている可能性が高いと思います。
それを皆知っていて今の経済活動を行っていて、その延長線上にその活動があるということは、
しっかりリスクを理解して補償を払えば問題ないと考えます。」

東京 ケンジ
「もし、リスクの押し付けが自由意思のない状態で行われたなら不公平だと思いますが、
その見返りを確保しなけばならないと思います。
誰かが、爆弾を抱えなければならない状況で、
それに対するリターンは莫大で、そのリスクに見合うだけ大きさのリターンでなければならないと思います。」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東北元気

Author:東北元気
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。